_trip 寶藏嚴國際藝術村('11年10月台湾旅)

以前、大阪であったある台湾人アーティストのトークショーで
寶藏嚴國際藝術村の存在を知りました。
彼がかつてここを拠点に活動していたとの話で。

MRT公館駅から市場のそばを通り過ぎて歩いて10分ぐらい?
寶藏嚴という寺の境内をずんずん抜けると到着。
昔からある古い住宅地で今も人が住んでいます。
で、空いてるスペースがギャラリーだったり
アーティストのアトリエになっていたりするわけ。
丘のような地形に沿う形に建物があり、
さらに増築に増築を繰り返して違法建築のかたまりみたいな、
日本にも似たようなマンションがありますけれども
(それは違法ではないと思いますが)
どこまでが一つの家か、もしくはどこが家で
どこがアトリエかわからぬ、迷路のような様相を呈しています。
かつては取り壊しの危機もあって台北市とも揉めたそうですが
(それは先のトークショーで作家さんが話していた)
今はそのおもしろ建築(って言うたら怒られるかな)の価値を
認めて保存する方向になったそうです。
ただ、それはそれで大変らしいのですけれど。

多分ここは一人で来るより、二人以上で来て
写真を撮りながらあちこち探検した方が楽しいです。
(だいたいどこでもそうやっつー話ですか。)




寶藏嚴の境内を抜けると…


村内のエリアマップがあります。
結構たくさんアトリエ&ギャラリーが入居してるよね。
カフェもあります。


































フォーチュンクッキーがなんか…エロい。(考えすぎ。)



エリア内にはカフェが2件ありまして、
こっちの方がおいしいよと知り合いの方が教えてくれてました。







扉を開ける前、足が蚊に刺されてめちゃかゆくってぼりぼりかきまくっていたら
そとで作業をしていた作家とおぼしきお姉さんが
メンソレータムを貸してくれました。
すっごくいかつい感じのカッコの人がメンソレータム。
ぐっとくるギャップですな。

このあと友達と火鍋を食べる約束があって
ここではごはん類を食べられず
おいしいかどうかは分からず、でしたけれど良い店だったよ。

んで、窓から外を見ると…



出ました、台湾名物、婚礼写真撮影。
もうちょっとでも景色がいいところに行くと
必ず遭遇しますね、撮影チームに。

撮影しているそこ、完全に人んちの庭ですけれども!
洗濯もん干してる前でムードもへったくれもないですけれども!
でも二人の世界にはそんなツッコミは無用なのです。
このあと幸せそうに顔面を極限まで近づけて
撮影しておられました(ほのぼの)。
それをにやにやしながら見ているわし。
嫌いじゃないねんこういうの。
わしもこういうのやってみたいとさえ思っております。

帰りがけ、守衛さんになんとなく「謝謝~」と言ったら
いきなり話しかけられました。
「哪裡人?」と聞かれたので
「日本人」と答えたらすごくびっくりして
「Japanese!?」と。
「是,日本人(はい、日本人です)」と答えると
また驚いて「真的假的!?(ほんまに!?)」。
ちょいちょい、なんで嘘やねん。
わし、日本人に見えませんか?
南米みたいな変なワンピース着てたから?
別の場所では「その服、原住民ですか?」って聞かれたけど!

つづく

(一つ前の日記はコチラ

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_event 言承旭(ジェリー・イェン)握手会の覚え書き

_trip 台南/台南の宿のこと