_trip 思いがけずSHOWさん('13年11月マカオ香港旅)

11月18日(一)

Kylieの個展が行われている觀塘のKublickへ。

Kublickは油麻地に本店があるカルチャー系書店で
APMというショッピングセンターの中に支店がある。
APMに入った瞬間、平日とは思えぬ人の往来。
わしのミーハーアンテナがビビビと反応する。

ここはAPM…
APMってあのAPM?
F4が香港でコンサートやるってときに
記者会見をやっていたのがたしかAPM。
そっか、ここはスターのサイン会が
よく開かれている、あのAPMだ。

月曜日だけどもだれかが来るのかしら。
たむろするファンとおぼしき人はみな若い女の子。
うち何人かは揃いのTシャツを来ていて
おなかに「SFC」という文字が見える。

SFC、SさんのFanClub?
Sさん、SさんってもしかしてSHOWとか?

背中には「SHOW30」…!!

マジで? SHOWってSHOWさんのことかな?
30っていうのは30歳とか? 彼、いくつやっけ?

でもまさかね、だって今日は月曜日よ。
祝日でもなんでもない単なる月曜日よ。
そんなスターがこんな日に来るかね。
いやでもほんまにだれが来るのかが気になる。
持っていたiPhoneでAPMのサイトを調べてみたら

ビビビ、BINGOゥ〜〜!!!!!

なんとこんなド平日にSHOWさんのサイン会が
行われる旨のツイートがされているではないか。

SHOWさんとはすわなち、
アジアの舞王こと羅志祥(ショウ・ルオ)
友達が大好きなSHOWさん。
サインもらっていってあげたら喜ぶやろなあ。

いやいや、ともかくまずは個展を見に行かねば。
Kublickにたどりつくと、KylieとIcyとばったり。
たまたま2人も遊びに来ていたらしい。
偶然の再会に喜びつつ、個展も拝見しつつ、
しばしおしゃべりを楽しんだ後、ふと聞いた。

「ねえねえ、今日はSHOWのサイン会が
あるみたいなんだけども、今からでも参加できるんかな?」

もちろん、スターのサイン会なんぞ参加したことのない
2人ゆえ、ミーハー日本人の質問にやや戸惑いつつも
じゃあ一緒に行って聞いてあげると優しい返事。

関係者っぽい人に尋ねるに、
今からでもCDを買って並べばサインがもらえるとのことで
私とKylieは急いで列の最後尾に向かい、
Icyは私の代わりにCDショップでCDを買いに行ってくれた。
友達の分と、わしの分。

列はサイン会のステージが設置されたフロアからどんどん続き
裏階段へ、それもどんどん下へ、下へ…
最後にはビルの裏出口も出て、
排気口の熱気がぶんぶん出るあたりで
やっと列に並ぶことができた。
もはや聞こえるのは排気口の音のみで、
ステージの様子なんて見ることも感じることもできない。
この時点でもう百人以上は余裕で並んでいたと思う。

IcyがCDを買ってきてくれて
一緒にもらってくれたシールを私の服にぺたり。
これが参加できるという証らしかった。



ここまでくれば大丈夫。
あとはひたすら並ぶだけだからと
親切すぎる2人とはここでお別れ。
いやほんと、2人がいてくれたおかげで
サインがもらえる、Kylie、Icy、本当にありがとう。

このあと友達とご飯の予定があったけど
SHOWさんのサイン会に行くから遅れる旨、
メールで伝えて待機。



列が整理されて、裏出口を再び入って
裏階段を少しだけ上がったところまで進んだ。
これが厄介で、この場所ってば、wifiはもちろん
香港の普通の3G電波さえも繋がらない。
イベントの音が一切聞こえないから
どういう進行になっているかもさっぱり分からず
いつになったら自分の番がやってくるのかも分からない。
周りに並んでるファンに聞くにも、なにせわし、
SHOWさんの“エセ”ファンでしかないから
「楽しみですよね〜」的な話が一切できないため、
迂闊に話しかけられない。(それ以前に言葉が不自由。)
友達との約束の時間が近づき、明らかに間に合わない空気。
でも列は抜けられないし、どうしようと焦っていたら

天使降臨…!

Kylieがわしのことを心配して戻ってきてくれたのだ。
「おなか空いてない?」とお菓子を買って渡してくれた。

なんとやさしい子だ…(涙)。

友達との約束の話をすると、
私が代わりに連絡してあげると、電波の届くところまで戻り
そのレスを待って私のところに戻ってきて
「こう言ってるけど、どう返事する?」と
何度も何度も上へ下へと行ったり来たりしてくれた。

なんとやさしい子なのだ…(号泣)。

結果、今日のごはんはなしにして、
また明日に、ということになった。
Kylieも大役を果たして笑顔で再びバイバイ。

結果的にドタキャンしてしまった友達も
「あなたが楽しいのが一番だから楽しんできて!」
との返事。わがまま放題日本人、
やさしい香港人の友達に支えられて生きてます…ぅぅ。

サイン会前のライブが終わったのだろう、
それを見てから並ばんとするファンが階上から
雪崩のようにどんどん降りてくる。
確かに並ぶばかりで歌ってる姿を見られないのは残念。

2時間ほど並んだどころでやっとフロアに出た。






あー、いるいる、SHOWさんいる。
右手でサイン、左手で握手、
超高速でこなしている……すごい。
ファンもこういう場に慣れているのか、
すごくフランクに会話していて、
とくに泣き崩れるとか、握手した手を離さないとかもなく
「ハロー、きたよー、じゃあまたねー」ぐらいの軽さ。

わしはもう
「SHOWさん日本から来たよ、頑張ってください」
とかなんとか、日本語で言うのが精一杯。
その際、どういう返事をもらったのかももう記憶がない。



サインをもらい終えて、少し俯瞰から拝顔。
月曜だというのにこのファンの数よ、
さすがアジアの大スターだわね。
もう吹き抜けのところは上の方まで人だかり。
でもこんなスターになっても
ファンとふれ合いを続けるってすごいよね。
もうきっと人数制限なしでずっとやってると思われる。
日本では考えられない。(AKBとかのことは知らんが。)



ということで見事いただきました、
SHOWさん直筆サイン。

参加を手助けてしてくれたKylieとIcy、
ドタキャンを許してくれたVivianとSakuraのおかげ!!
SHOWさん大好きなゆかりんもきっと喜んでくれる!!

そんでもってSHOWさんのこのアルバム、
結構良くて。今まで何枚か聴きはすれど
あんまりピンと来てなかったのに
今回は個人的に当たり。ちゃんと聴く良い機会だった。

そういえば、台湾でも行ったことないのにサイン会、
初めてがまさか香港とはね。

つづく

(1つ前の記事はこちら

コメント

  1. み〜ちゃんの不屈の努力と優しい異国の方々の対応に、なんだか泣きそうになったよ。いい話でした。さぞ、SHOWさんファンの方も喜んでくれたやろうね。

    返信削除
    返信
    1. ヒロミちゃん、明らかに誉めすぎ(焦)!不屈の努力とかそんなすばらしいもんじゃないよ!でも周りの友達には本当にいつも助けられています。だから彼女たちが日本に来たときはできるだけ恩を返したいと思っています。

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)