_trip ジェットスターアジア騒動記 その3('10年08月台湾旅4日目)

ああ、いよいよこのときがやって来ましたか。
8月の台湾旅日記もいよいよ最終回、
クレームの鬼と化したワタクシも
思わず閉口したあの帰国便での、
ドリンク1杯しか無理です事件のことを
記さねばなりますまい。


そもそも利用ターミナルが第二だったってあたりが
もはやツイてない。
今、改築工事の真っ最中で導線はめちゃくちゃだし
今回の旅で会う時間がなく荷物が渡せなかった友人に
空港の郵便局から送り出そうとしたら
そもそも郵便局ないし。ポストもないし。
チェックインを済ませたらトラムで第一に移動して
出すしかないかと思ってたら
チェックインカウンターがチャイナエアラインの
自動チェックイン機が並んでいるところの2コマを
臨時で使わせてもらっている感じなため
当たり前のように2時間前に殺到する乗客が
裁ききれずに大行列の大渋滞。
おかげで荷物を預けた頃には出発1時間ちょっと。
もう第一に移動する時間はなく、
第二にあった運送会社は発送費がバカ高いわで
友達にごめんなさいメールを送って
荷物は日本に持ち帰ることにしました。
(まま、言うてる間に来日するけどね、彼女。)

出国審査ぎりぎり手前のところで
わずかな時間を使って絵はがき書き。
本当はこれものんびり5通ぐらい書けるつもりが
時間がなさすぎて走り書きの2通のみ。
ポストがないと嘆いていたらやさしい本屋のお姉さんが
代わりに出してくれることになりました。謝謝。

ちなみにこの日、韓国のアイドル2PMが
台湾に来てたのが出国するのか、
ファンとおぼしきヤングピープルがわんさかおりまして。
せっかくやからおばちゃんも2PMとやらを見て
写真とかも撮ったろかしらと思ったけれど
タイムオーバーで目撃できませんでした。

さておき、時間を少し遅れて搭乗。
(もう15分ぐらいの遅れ、屁でもないわい!)
睡眠不足に疲労困憊ゆえにすぐに爆睡モードに。
気付いたらもう大阪到着まで1時間ぐらいとなっていて
ミールサービスが始まった。(って今!?)
帰りは2食の提供しか無理とのことで
2食分を3人でシェア。
メニューは出発便と全く同じ、
日本式カレー、ベトナム式カレー、ビーフシチューの3種。
私たちはまたもやベトナム式カレーを注文。
普通においしいねんけどね、辛いねん、まあまあ。
ひいひいいいながら食べ終わったところに
やっとこさドリンクサービスって逆! 順番逆!
さっき存分に水ほしかったから!!

友人2人が一杯ずつ冷たい飲物を注文。
そのうちPちゃんは出発便に引き続きアップルジュースを注文。
私は半笑いになりながら、「だからPちゃん、
アップルジュースは絶対帰りもないって」と言うと
今回もほんまになかった…(笑)。積んでないやろ、そもそも。
普段から滑舌がよく、丁寧な話し方が逆に迫力あるPちゃん、
さすがにキレたのか、
「そうやって行きもなかったんです。正直あきれました。
在庫状況の確認はしっかりされた方がいいと思います」
みたいなことを丁寧かつ理路整然とぴしゃり。
私が行きでさんざんほざいたあれこれよりも怖い(笑)。

あとはあたたかい飲物が2杯行けるはず。
友人Jちゃんにホットドリンクの権利をもらって
ホットミルクティーをもらおうとCAさんを呼んだどころ
「飲物はお一人様おひとつだけです」ですって!?
は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?
この期に及んで何をほざくか、この女!
(あ、すみません、言葉遣いが悪くなってます。)
私「冷たいのと温かいの1杯ずつじゃなくてですか?」
CA「はい、どちらか1杯だけになります」
私「は? 行きは冷たいの1つ、温かいの1つでしたよ。
そうしないと合計金額ただでさえぼったくりなのに
もっとぼったくりになりますけど」
CA「…確認してまいります」

はー、びっくりした。
この3日間で何のシステム変更があったというのでしょう。

それから5分ほど。待てど暮らせどCAさんはやって来ない。
どうなってんのかと思って後ろを振り返ったら
通路の先でぼんやり立っているではございませんか。

(お前、こら、そこで何やっとんねん!!)と怒りの視線を送ると
それに気付いたのか慌ててやってきて
CA「申し訳ありません、もう一杯ご注文いただけます」。
私「そうですよね、そりゃそうですよね
というか、返事遅すぎますけど…」
そやろがい!! 当たり前やろがい!!
つーかその返事するのに何分かかっとんねん!!
と言いたい気持ちを必死でおさえましたともさ。

ただこのときまもなく着陸体勢モード。
普通ならばドリンクはご遠慮、なのでしょうけれど
こうなったら意地でも飲んでやる! と
私はホットミルクティー、
Pちゃんはホットコーヒーを注文。
ほどなく熱々のやつが運ばれてきて持つのもままらなん。
だのに「まもなく着陸体勢に入ります、
座席やテーブルを元の位置にお戻してください」ですって!?
熱々のミルクティーをおそるおそる両手に持ち
ふうふう言いながら飲む私たち。
そうまでして飲まなあかんかったのか?
いや、飲まなあかんかったのですよ!
もはや意地ですよ! 1,000円の意地!

これ以外にも機内では子々細々あったけどね、事件が。
でもひとまずジェットスターアジア騒動記、これにてお開き。
読了ありがとうございました。


もはやベッキーごと恨みそう

コメント

  1. >tironさん
    そうですね、もうここまで色々あると
    逆に笑えてきます。
    手の込んだ大型セットを使った
    コントですね、完全に^^。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_event 言承旭(ジェリー・イェン)握手会の覚え書き

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)