_trip ジェットスターアジア騒動記 その2('10年08月台湾旅1日目)

指定されていた20時30分より少し前に
搭乗口に到着。
私たちと同じくたっぷり時間を潰してきたのであろう
乗客の人たちがすでに集まっていました。
さあ、ちゃんと飛ぶのか?
20時30分、搭乗口になんとなく列ができはじめました。
よよよ、ちゃんと時間通りいけるんやと思って
私たちも並ぼうとしたらすでに列はなくなっていました。
その場にいたGHさんに「まだなんですか?」を尋ねると
案の定遅れているらしい。というか、
そもそも台北からの飛行機がまだ到着していないとか。
もう15分や20分の遅れじゃ済まないな、これは。
ただ、そんな状況を今集まっている乗客に報告する様子がない。
私はたまたま聞いたからそんな状況であることを知れたけど
他のお客さんにも伝えるべきではないのですか? そう言っても
「はあ、そうなんですけどねえ」とのらりくらり。
その場にいたおばさまが
「そんな適当なものなんですか? そんな適当なものなの!?」
と呆れたように問いかけると別の男子GHが
「はは、まあ…そうですねぇ…」って
肯定するんかい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ある意味潔いけど、その場にいた私&おばさまは呆然。
とりあえず今飛行機が着陸したとの連絡が入り
私たちは当然どうするすべもなく、
ただただ搭乗できるのを待ちました。

21時少し前、10列目〜30列目の乗客に並ぶようにお知らせが。
私たちは7列目ぐらい。気付かなかったけれど
もしかして前列はすでに呼ばれていたのかしら、と
なんとなく列に並んでみたら
「お客様は7列目なのでまだ後でお呼びします」と
いらだち気味のGHさん。
「いや、私たちは順番を聞き逃したのかなと思っただけで…」と言うと
若干食い気味に
「時間の遅れをなるべく取り戻すために
奥から順番にお並びいただいてます」とキレ始めるし。
もう何も言い返す気力もなく、黙って列を外れて待機する私たち。
納得いかない、全く納得いかない、でも仕方ない。
10数分後、もやもやした気持ちを抱えつつも
無事搭乗までに至ったのでした。
両側3列ずつ、通路が激せまの小さな機体。
シートは革張りで座り心地は悪くない。
あとは落ちずに台北に到着してくれることを祈るだけ。
3時間の空の旅は始まったのでした。

次の事件はミールサービスの時間に起こりました。

ジェットスターアジアはミールサービス、ドリンクサービスなどが
すべてないことは分かっていました。
予約時に「今なら当日機内で買うよりお得だよ! 1000円だよ!」と
ウェブサイト上に書かれていたので事前に申し込んでいました。
ミールサービスは通常食とベジタリアン食が選べたので
2人は通常食、肉が食べられない友達はベジタリアン食をチョイス。
したらばなぜかベジタリアンの方ははねられて予約ができない!!
予約をしなおすタイミングがあり、
ついでにまたミールサービスを追加注文しました。
でも本当にうまくいけてるのか、不安だったので
何度かコールセンター(24H対応)にかけても
一度もつながることなく、当日を迎えたのでしたが…

案の定トラブル勃発。

キャビンアテンダント(以下CA)さん曰く、
2人分しか予約がされていないとのこと。
なんで!? ちゃんと予約したはずなのに!
レシートを見せてと言われても手もとには予約券しかない。
私はお金を支払ったつもりだけど、それを証明するものは何もない。
何度コールセンターに確認しようとしても一度も電話に出てくれなかった、
2人分しかごはんは出せない、でもいいけど、
もし3人分お金を支払っていた場合、返金はどうなるのか、
コールセンターに電話してみてくれ、ともし言うなら
それはもう1人分の1,000円の返金は諦めろと言われているのと同じだと
ぐちぐち文句を垂れた結果、
今回に限り特別に3人分出してもらえることになりました。
(ちなみに帰国後確認すると、申し込みは2人分しかされていませんでした。
この点に関してはすみません。でも確認しようとしたのですよ、何度も!!)

ごはんは日本式カレーかベトナム式カレーかビーフシチューが選べます。
私たちは3人ともベトナム式カレーをチョイス。



トレーもなんもなく、このまんま運ばれてきます。
CAさんは「器が熱くなってますのでお気を付けください」と言いつつ
熱々のカレーの器の隅をつまみながら放り投げるように
各テーブルに配布していく様はもはやコント。
ええ、ええ、トレーも節約だもんね、しかたない。
味は悪くなかったよ。

ちなみにごはんは機内で単品購入すると8シンガポールドル。
ミールサービスをあらかじめ予約していた人は
フードプラス、ホットドリンクとコールドドリンクが一つずつ付きます。
ただし、3シンガポールドルのメニューのみ。
機内注文よりどれくらいお得なんだろうかと思って
CAさんに1シンガポールドル=65円だと聞き出して計算したところ

フード8ドル+ドリンク6ドル(3ドル×2杯)=14ドル
14ドル×65=910円!?
払った額よりだいぶん安なっとるやないかい!!!!!!!!!!!!!!

予約時に申し込んだ方が機内で買うよりお得って書いてたよね?
だからこっちは1,000円払って申し込んだよね?
その結果がぼったくりですか。
円高だと言われてるのに
対シンガポールドルに関しては日本円が暴落したんですか。
CAさんにそれを伝えたところで
「私たちはフード+ドリンク2杯で言われているので」
と答えるだけ。まあ、それはそうなんだろうけど…
もうクレームが多すぎてどんどんしんどくなってきた…。
安いんだからしかたない…。
でもぼったくりはひどい…。

ジェットスターアジアの格安の理由を
これでもかと思い知らされつつ
現地時間22時45分、桃園国際空港へと着陸したのでした。


騒動は帰国便へとまだまだ続く…。

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)