_trip 拍攝地點遊1 聖ポール大聖堂跡〜大砲台編('13年11月マカオ香港旅)

11月16日(六)

ワタクシ、Kis-My-Ft2(以下キスマイ)という
アイドルグループにはまっており
お笑い、演劇、台湾スター、北京のヘンテコバンドを経て
「なぜ今“J”に!?」と周囲の友人を震撼させたわけですが
(わし本人もびっくりしております)
好きになったもんは仕方ない、ひたすら追うのみ、
このスタンスでモテないロードをばく進中、であります。


ででで。
マカオではカジノも行かず
名物のマカオ料理もろくに食べず
ひたすらある場所を巡っていたわけで。

彼らがデビュー前に出した写真集のロケ地めぐり。
手近なヨーロッパ風の場所、それがマカオだったのだろう。
お手元に現物をお持ちの方はご参照いただきつつ、
また気になる方はAmazonをポチっていただくとして。

出版されてからもう何年も経つので、
ファンの方々はすでに巡り倒しており
ゆえにウェブ上で探せばだいたいの場所はレポ済み、
わしはそれを頼りに地図に落として
順番に巡って行けば良いだけ。

ただし、なにせ一人旅なもんで
「同じポーズしよう」「もっと右右〜」的な
わいわいに乗っかってくれる人はおろか、
そもそも写真を撮ってくれる友がいない。
その都度その都度、通りすがる人に声を掛け
撮影をお願いしながら進む、というスタンス。

1カ所目。
聖ポール大聖堂跡。



なにせマカオ随一の観光地、
写真集でも観光客がワイワイいるなかで
撮影されていた場所。
ただ、一つ前の記事にも書いた通り
わしが来たのは早朝でまだだーーーーれもいない。
世界遺産を(ほぼ)独り占め!状態で満喫。



イヌの散歩に来ていたおっちゃんにお願いして
写真を撮ってもらった一枚がこちら。
全力でシェーー!! じゃなくて「S」なのですよこれは。
苦笑気味のおっちゃんの表情、見て見ぬ振り。

次、二カ所目。
大砲台。



かつて城壁があった場所は高台になっていて
マカオ市街地が一望できる。
古いアパートや雑居ビルの向こうに高層ビル。
台湾でもよく見られる風景、
こういう景色が、個人的にはすごく好き。

いかん、いかん。ロケ地を探さねば。



わわー、ここだここ!
この縁石に7人並んで立ってたとこ!
実際に行ってみると「なんでここやねん」という感じ。
(そういう風に感じたところ、結構多い。)
ただ、その向こうに見える景色は海あり山あり街ありで
マカオらしいといえばそうなのかも知れない。

見えてる先は城壁の縁、
落ちると危ないので立ち入れるのは黄色の線まで。



敷地内をぐるぐるランニングしてた
限りなくおっちゃんなお兄さんにお願いして撮影。
「K」!

向こう側の景色を写すためには
かなり高い位置から撮影が必要なのだけれど
お兄さんにそこまで具体的にお願いできず。



大砲が置かれたこういうすき間でも
7人そろって撮影されていたね。
大砲も地元のおっちゃんにかかれば
立派な健康器具の一つ、なんであります。
このあと、このおっちゃんにも撮影協力してもらいました。



ここ、ここ!
写真集の表紙になっているところ。
めっちゃなんてことないところすぎてびびった。
さっきの、扇形になってるところの少し手前。



別のランニング中のおっちゃんによる撮影。
腕組みはね、せめてものね、せめてもの、
横尾さんのマネ、なのだけれども、精度は低いよ。
(横尾さんというのはわしが一番好きなメンバーです。)
横尾ファンの方がご覧になられたとしたら
すみませんが見逃してください。



マカオの夜明け。
ちょうどここにいるときに日の出に遭遇。
空がオレンジ色に染まっていく様を
じっと眺めていた。
そんなのはもう見飽きたとばかりに一瞥もくれず
太極拳に勤しむおじい込みで、良い風景。

ちなみにここ、ご近所のおっちゃんおばちゃんには
朝の運動スポットとしておなじみなのか
ランニングする人、体操する人、太極拳する人、
陽気な音楽鳴らしながら謎のオリジナルダンスに興じる人、
いろんな人がいてそれを見るのも楽しい場所。

さあ次はリド地区へ。

つづく

(1つ前の記事はこちら

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_event 言承旭(ジェリー・イェン)握手会の覚え書き

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)