_diary 皆既日食にて〆

台湾旅行&出張から帰国。
蒸し暑さで体力を奪われて
帰ってすぐに布団にごろん…した後は記憶なし。
気づいたら夜になってた。
でもってスーツケースを開けて
中に入ってたものを全部出して
洗濯するものは洗濯機にかけて
ちょっと布団にごろん…した後またも記憶なし。
気づいたら朝になってた。

そんなわけで部屋が見るも無惨な散らかりよう。

台湾の記録はまた改めてまとめるとして。

旅の〆は皆既日食、これに尽きる。
帰国便は22日の午前便。
もしかしたら見えるかもと期待していた。
ごはんを食べ終え、ミルクティーを飲みながら
ほっこり窓の方を見たら…暗い!
ほんさっきまで明るかったのに一瞬にして暗くなってる。
窓際の席の台湾人とおぼしき夫婦が外をのぞき込んで
わいわい言っているのを見て
思わず「会看嗎?(見えますか?)」と声を掛けたら
旦那さんが窓の方に促してくれた。
お言葉に甘えて同行のライターさんと窓をのぞき込む。

見えた!
部分じゃない、完璧な皆既日食!
きれいに輪っかが重なった日食!
なんてキレイな。

見えた、見えた、と騒いでいたら
寝ていたカメラマンさんも起きた。
他の人たちも気づいてその窓に集まってくる。
(ごめんなさい、ご夫婦。)
薄暗い機内が騒然とした。

時間にしてわずか1、2分。
すぐに明るくなって日食終了。

日食はそれまでの運気を変えるほど
強力な力があると、ある占いに書かれていた。
私の運気がいい方に向いてくれるかは分からないけど
偶然乗った飛行機でこんなにきれいな日食が見えたって
それだけでとても幸運な気がする。

台湾とさらなる良い縁がありますように。

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)