_diary しずる感のある台湾

twitterをほそぼそとやっておりまして
薬にも毒にもならんことをつぶやいておるのですが
私がフォローさせていただいている中に
そのつぶやきをいつも楽しみにしている人がいます。
"kochoshobo"さんこと、
台北にあるネット書店、胡蝶書坊さん。
毎日の台北の様子を、朝のあいさつとともに
とても端的にでもしずる感いっぱいに伝えてくれます。
私はその140ワードが毎日楽しみでならんわけで。

雨の日、晴れの日、夕立の日。
言葉からその風景がぶわっと頭に浮かんで
今すぐ台湾に行きたくなる。
その様子を肌で感じたくなるし
この目で見たくなる、本当にそんな感じ。


文章が上手い人はいるけれど
文章を読んでいてわくわくする人は多くない。
本を読んでいてもブログを読んでいても
上手だけれどなんとなく意図的というか
恣意的というかちょっとしたあざとさというか
そういうのを感じてしまうことがあるけれど
それが一切ない、
短いけれど秀逸な文だと私は思うわけです。


ええと、今日の台北はどんなかしら。

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)