_trip はじめての金山パラグライダー('10年08月台湾旅2日目)

今回の台湾旅で私が楽しみにしていたイベント、
それがパラグライダーなのでございました。

中国語では「飛行傘」。
たぶん金山というエリアの山の頂から
パラグライダー体験ができるらしい。
朝から雨が降ったり止んだりの微妙な天気だったけれど
確認したら今日はやっているとのこと。

陽明山方面から…えーっと、どういうルートで
行けたのかさっぱり分かりませんけれど
最後の最後、迷いに迷ってやっとたどり着きました。

土曜日でその地は天候も良かったこともあり
たくさんの人が集まっていて
パラグライダーが次から次へと大空へ
舞い上がっていくのが見えました。
ほんとに次から次へと。

参加費は保険料込みで1,000元=約3,000円と格安。
用紙に名前と生年月日、登録証番号(私はパスポート番号)を
記入して、お金を支払い、番号札をもらって待つだけ。
私たちの番までは1時間ほど待つとのことで
丘の上で他の人のフライトを眺めながら待機。



もちろんひとりで飛ぶわけではなく
後ろに教練がついて私を抱きかかえるスタイル。
友人に聞くに、今日は混んでるから
教練、友人、私と3人で一緒に飛ぶ…ってマジで!?
今日は風が強いから大丈夫ってマジで言うてる!?
思ってる以上に重いよ、ワシ。
もう汗だくでわりとバッドスメルだと思うよ、ワシ。
教練と密着ってだけでもまあまあ及び腰だのに
間に友人男子が挟まってしまうとか
あり得ていいのか、そんなことが!!!
友人男子に抱えられる形になるとかそんなことが!!!
「じゃあ、写真は任せたから」という友人。
まま、当人はそんなこと気にしていなさそうだし
まま、いいと…するか…。

1時間後、やっと自分たちの番がやってきた。
時間も5時になろうとしていたこともあってか
人の混雑がだいぶんましになっていた。
そんなわけで、先ほど一人錯乱状態になっていた
3人飛行は「もう2人飛行で」という総教練の判断で
別々に飛ぶこととあいなった。
良かったという気持ち80%、
残念な気持ち20%ってオイ!!
よこしまなワシですまん。

かくして私の番がやってきた。
総教練に手早くヘルメットをかぶせられ
ベルトみたいなのも装着されて
あれよあれよといううちに飛行スポットへ。
すると教練が走ってやって来てパラシュートを整え
私も汗だくの教練に結びつけられて
地上スタッフに「前だけ見とけ」と言われたかと思ったら
 練習も説明も何もなく

あっという間にフライアウェイ!!!

瞬く間にどんどん丘の上から遠ざかっていく。
最初は不安定だった体勢もひもの上に
ブランコみたいなかたちで座り
さらに教練の膝でがっちり安定させてもらえば
もはや気持ちいいという言葉しかないぐらい
爽快な景色と気持ちのよい風に包み込まれるのです。



目の前には海、背後には山、足下には街。
ぐんぐん高く高く上がった後は
ゆっくりゆっくり降下していきます。
飛行時間は約10分間。
教練がちょけて急降下したりするので
ひたすらに「慢慢(ゆっくりゆっくり)」を連呼。
最初は高すぎてよく分からなかったけれど
少しずつ低くなるにつれ、リアルになる街の景色。
なんてなんて楽しいんだー!!

最後は砂浜に着陸。
先に飛び立っていた友人が興奮気味にやってきた。
やー、楽しかったよねーなんつってな。
基本的に低体温気味な子なのに
ものすごくテンション上がってるやん。
それだけ楽しかったってことなのだね。
確かに、確かに。

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_event 言承旭(ジェリー・イェン)握手会の覚え書き

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)