_diary リトル・リトル・リトル・チャイナタウン

日本橋のちょっと北らへん、島之内という場所には
すっごいローカル色たっぷりの中国料理の店が並んでいて
地味だけどディープなチャイナタウンでも言いましょうか
店員はもちろん、お客さんもほぼ中華圏の人。
今日は私的リスペクトな2人と中秋ごはんを
かような街の「鑫褔」なる店にて楽しんでまいりました。
予約の電話を入れた段階で
「ウェイ、ニーハオ〜」ときたからね。
テンパってまごついてしまったっつーの。
せめて電話は日本語で出てください。

台湾料理と中国料理の店、とは言いつつも
ハルピン=中国東北料理が中心。
串焼きメニューのラインアップも豊富な中
どなたかのブログに食パンがおいしいとのことで
注文したら出てきました面包串。



表面にちょびっと砂糖と思われるものがまぶされてます。
味は若干だけ甘みを感じるような、でも基本的には食パン。
主食なのかデザートなのか
はたまた違った概念におけるものなのか分からない一品。
でも基本的には串焼きも炒め物も何もかもおいしい。
最初にたっぷり注文したのはいいけれど
想像以上に一皿ごとのポーションが多かったため
これはお残しも免れないかと思ったけれど
(でもこういう店は持って帰れるから大丈夫)
最終的には全部食べきってました。
てか、見た目キレイ女子、実はディープ女子のXiangQi
見た目に反する食べっぷりに助けられたというか。
中国で水争いに参加し、植林ボランティアにもたびたび出向き、
また古式泳法を習得し、琵琶湖を泳ぎ渡り、
鳥人間コンテストにも出場した濃すぎる経験の持ち主のなせる技か。

8時にスタートして12時まで、
つねにほぼ満席状態の店で左右の客はどんどん入れ替わる中
(中国人ってとっとと食ってとっとと帰るって感じなんかな)
酒をあおりながらのらりくらりと4時間。
料理はどれもこれもおいしいし、
“ER”なまりの中国語が飛び交う環境も楽しいし、
2人の話も面白くて興味深い、
なんと幸せな満月の夜だろうかってなものだよね!
振り返ればすっごい量のライチソーダを飲んでわりに
微塵のアルコール感もなかったけどね!酔いゼロ!


ドリンクメニューは空気をよむ力が必要。


前回Kさんと二人で火鍋を食べにいったと言ったら
誘わなかったことを怒られたので今回は元上司Tさんも一緒。
キレイ女子XiangQiにお酌されてでれでれ。
クラシックな中国人風ヘアスタイルででれでれ。

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_event 言承旭(ジェリー・イェン)握手会の覚え書き

_trip 台南/台南の宿のこと