_trip 行列のできる朝食店('11年4月台湾旅)

体操終わりの朝ごはんは阜杭豆漿でございます。
台湾好きの人には超おなじみの朝食店ですな。
朝ごはんであり、仕事であり、時間がないのです。
大人気のお店ですゆえ、地元の人で毎日大行列。
日曜日の午前8時だというのに多分に漏れず大行列。






普通に並ぶと1時間かかるとのことでここは「取材」という特権を再び発揮。
コーディネーター郭さんが老闆とお知り合いなので
無理を言って優先的に準備していただきました。
まあね、事前にちゃんとアポイント入れてますのやで。
ノーアポ突撃とかとはちゃいますねんで。



鹹豆漿(NT$25)熱豆漿(NT$20)。
鹹豆漿の方は油條とか野菜とかも入った
具だくさんスープのようなもの。
熱豆漿の方は普通に甘い豆乳(熱=温かい)です。
わし、後者しか食べた(飲んだ)ことなかったのですけれど
おいしいね、しょっぱい方も。今知ったんかって感じですが。
手前にあるのは厚餅夾蛋(厚めパンの卵サンド、NT$35)。
クレープみたいな薄餅は色んな朝食店で見かけますが
厚餅は珍しい、その厚餅がこのお店の名物、らしい。



こちらは厚餅蛋夾油條(NT$50)。
卵と油條(揚げパン)をはさんだものです。

わし、いまだ油條の魅力が分かっていません。
これの正しい食べ方を分かっていないというか
何と一緒に食べたらいいんかよう分からん。
こうして挟まってるとさくさくした食感がいい感じ。



なにせ一日のスケジュールが常にびっちりで
のんびり食べてる時間もなく、かき込む、かき込む。
これが普通に朝食代わりにもなるので必死で腹ごしらえ。
その横でコーディネーター郭さんが腕時計をちらちら、
無言でプレッシャーをかけてきます。
でもごはんは残せないので必死に食べる、食べる。
や、おいしいので全く苦はないのですけれど。


食べ終わった後は、お店が入居している南門市場を見学。



食について考えさせられます。
こういうのを食育と言うのでしょうか。










わたしなんぞ、鶏が締められる瞬間さえ見られない
へっぴり腰もいいところ、飯食う資格ないかもしれない
人間ですゆえ、こういう場所はやはりドキドキします。
かわいそうというのとはちょっと違う、
生き物が食物へと姿を変える現場に
今いるのだという緊張感、でしょうか。



肉や魚、野菜などなど食材のみならず
総菜からお菓子からいろんな食べ物が売られています。
白ごはんを片手につまみながら巡りたいね。

つづく!

(台湾旅一つ前の記事はこちら

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)