_trip 永樂市場でカバンを作る('11年6月台湾旅)

迪化街にそびえ立つ(ってほどの高層でもないけど)
永樂市場を探検してまいりましょう。



1階は食料品や日用品、雑貨類のお店が並びます。









この、林合發油飯店は老舗の油飯店。
すっごい有名店ゆえに昼時は行列、
我らが訪れたときはまだ午前中だったので
これから大量にやってくるであろう昼飯客に向けて
大量の箱詰め油飯がテーブルの上に
満載並べられてスタンバイ中でした。
油飯はもち米をシイタケ、干しえび、タレとともに炊いた
台湾風の炊き込みごはん。 八角効いてて好き嫌いあり。
あと、贈答用には赤く染めたゆで卵と
鶏のもも肉が乗っております。
子どもが生まれた家にお祝いで持っていくのですって。

さすれば2Fに参ります。
上階に行く階段は一旦外に出ない見つからなかったような。
2・3Fは永樂布業批發商場(布市場)でございます。
とにかく所狭しと大量の布屋が軒を連ねておりまして
街場で買うよりもかなりリーズナブルらしい。
ユザワヤにありそうな普通の布(ってなにって話ですが)から
いわゆるド派手な台湾花布まで多種多様。
でもだいたいどのお店もラインアップは似ております。
や、行き慣れている人は、この系のはここ、とか
あるのでしょうけれどね。

今回、ひとつカバンを仕立てることになってまして
選んだ布がこちら。
原住民(風?)の伝統模様テキスタイル。
90cm×150cmでNT$250。
しっかりした布だからか、それなりにするね。



買った布を持って3Fへ。



3Fは仕立て屋さんが多くあるフロア。
こちらはお店によってスーツ、チャイナ服、
カバンなどなど得意とするアイテムが違いまして
お店の外や中に飾っている「作品」から
ピンと来るお店を選ぶわけです。

で、今回お願いすることにしたのが
こちらのお店。



カバンをメインでやってはる仕立て屋さん。
今縫ってはるのはオイルコーティングされた花布を
使った大きなマチ付きトートバッグ。
外国人観光客のオーダーで、お土産を入れて帰る用に
あつらえているのだとか。
まだ他にも注文があるけど中1日あれば
仕上げてもらえるとのこと。
どんなカバンにしたいか全くノープランだったけど
その時持っていたカバンのサイズをそのままパクって発注。
シンプルなマチなしポケットありトートバッグで
仕立て代NT$350なり。



市場の外にも服飾雑貨というか
ボタンやリボンを扱っているお店がいくつかあって
チロリアンテープとかもすごいかわいいのな。
カメラのストラップに加工してやろうか!

2日後、思った通りのカバンが出来上がってました。
以前、北京でチャイナシャツをあつらえたときと違って
糸の始末とかもしっかりしてくれてて安心。
結構大量に布が余ってしまってこれどうしようかなと。


つづく!

(台湾旅一つ前の記事はこちら

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)