_trip 元フランス館こと上海二十一世紀民生美術館('15年1月上海旅)

1月18日(日)

現地在住の友人ずんさんとの本日の待ち合わせ場所は
降りる人もまばらな长清路駅だった。
駅を出ると基本的にはなんもない。
聞けば、このあたりは2010年に上海万博が
開催されたエリアとのこと。
おそらくこれからばんばん建物が建つんだろう
その端境期なのか、ほんとになんもないところ。

今日の目的地は
「上海のInstagramユーザーに最もアツい」(ずんさん談)
二十一世纪民生美术馆(上海二十一世紀民生美術館)[サイト]。
去年11月にオープンしたばかりの施設で
なんしかとってもフォトジェニックなのだって。
この建物はもともと上海万博のフランス館だった。
それがどの程度手を加えられているのか分からないけど
リノベーションされ今は現代アートの美術館になっている。

駅から歩くと25分ぐらいかかるらしいので
タクシーを拾おうにも、全然走ってない。
道幅だけは異常に広い交差点でぼんやり待つこと10分、
やっと1台のタクシーをゲット。
車はなにもない道路を走ること5分ほど、ついに到着。

向かいの敷地の特設テント会場で
アイスショーみたいなのをやっている以外は
なんもない、ここまで来たら余計なんもない。



この網網な外観、北京の鳥巣を思い起こさせる。
この日はなぜか入場料は無料だった。
オープンしたばかりだからかもしれない。
まさに開館記念の『多重宇宙』展が開催中のタイミング。
日本からは池田亮司やChim↑Pomらが参加している。

イントロダクションムービーを見つけた。











最初のうちは楽しく見て回っていたけど
なにせ広くて広くて広くて広くて
情報量が多いから頭がぱんぱんになって疲れてしまう。
途中からもう「まだあるんか」という気持ちに。
最後までたどり着いたらそのまま出口かと思いきや
展示会場を逆戻りしなければいけないという謎の導線。
実は今日も昼ご飯を食べるタイミングを逸していて
どうにもこうにも空腹でたまらんいうこともあり
多めに歩くのが辛くて辛くて。





おしゃなカフェスペースもあるんだけど
いかんせん昼飯になるようなものがない。
飲み物とあとはケーキとかのスイーツがほんの少し。
どれもくそ高くて手が出せない。あーん。

そういえばChim↑Pomの作品なかったよなあと言いながら
最後の力を振り絞って建物の外を探検していたら
遠くからかけ声のようなものが聞こえてくる。
どこどこ? これはどこから?
よくよく聞くと日本語っぽいし…と音のする方へ。



建物の、入り口と反対側にある側面の
螺旋階段の裏側という「だれが気付くねん」なところに
備え付けられていた液晶モニター、Chim↑Pomの作品発見。
よう気付いたわ、わしらも。

写真いっぱい撮ろうって言って来たのに
3人とも空腹と、情報過剰摂取による疲労とでふらふら。
撮影もそこそこにもう帰ろうとなったのは良いのだけど
タクシーが…全然来ない。というか車がほとんど走ってない。
向かいのアイスショーに送りに来るタクシーを拾おうするも
すぐに別の乗客を乗せて走り去ってしまう。
これは…歩くしか…ないのか…。

ひとけのない大きな道をとぼとぼと歩く。
この旅の間、同行の友、みぬえがたびたび、
日本から持ってきたアルフォートを勧めてくれるのだけど
(常に鞄の中に菓子を忍ばせている典型的大阪nLADY)
そのたびに「いや、いいわ」と辞してきた。
が、今回ばかりは一も二もなく「ちょうだい」だもちろん。
みぬえはラスト3つをわしとずんさんに1つずつ分け与えてくれた。
ひとかけらのアルフォートをエネルギーに変え
気力を振り絞って歩きながら
タクシーと見るや賃走でも構わず手を振りまくっていたら
ついに1台のタクシーが止まってくれた……神よ!!!!!!

次に上海二十一世紀民生美術館へ行く場合は
お腹を満たしてから行くこと、
タクシーの目処をつけておくこと、
この2つを遵守すること。

つづく

(1つ前の記事はこちら

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)