_trip 蘋果賓館(苹果宾馆/Apple Hostel)('13年11月マカオ香港旅)

今回香港で泊まった宿。

ご存じ、重慶大廈(チョンキンマンション)内に
無数にある格安宿のなかの一つ。
重慶大廈、一度泊まってみたかったから念願叶った。

出発前から時間的に一軒一軒見て回る余裕がないことは
すでに分かっていたのであらかじめ日本で予約をしていた。
ある程度は清潔、部屋にシャワー&トイレがある、
女子一人でも大丈夫そう(わしの旅レベルまだそない高くないし)、
一泊3000円まで、あとは窓があればいいな、
そんな条件で探しまくって見つけたのが蘋果賓館。



重慶大廈、間口は広くないけど奥に広いよね。



A座、B座と建物がおそらく分かれていて
それごとにエレベーターホールも分かれている。
入口に近い方からA、B、Cと並んでいる様子。

写真を撮ったこのときはびっくりするぐらい
人がいないけど、チェックインした23時ぐらいは
このスペースにものすごい人でごった返していた。
エレベーターホールごとに警備員のおっちゃんがいて
人をさばいてくれるのでそこはまだ安心。
エレベーターは座ごとに2機ずつあるけれど
1機は奇数階、もう1機は偶数階にしか止まらない。
前回泊まった宿が入ってた雑居ビルも同じだった。

パネルにはフロアごとに入居している宿一覧。
B座偶数階だけでもこの数。



エレベーターで10Fに着くとすぐ宿の入口。
このフロアには反対側にもう一つ(か二つ?)宿があった。

1Fから上がるのにエレベーターを使うのに待つのはいいけど
10Fから降りるのにエレベーターに乗るのに待ってる場合は
エレベーターがやっと来ても上階から乗ってきた人たちで
すでに満員になっていて乗れないこともしばしば。
だから、上行きでも自分のフロアでエレベーターが止まって
まだ乗れるスペースがあるならそこでもう乗り込んで
最上階まで行って折り返して降りてくるというのが得策。






部屋はこんな感じ。
ベッドが結構高くて下に空間があるので
そこでスーツケースを広げたりできるので
案外狭さは気にならない。
壁の向こう側にトイレ兼シャワールーム。

ネットで予約して1泊300元。
直接交渉ならもう少し安いのかも。



コインランドリーはないけど
ビルの1FにQuick Quickという洗濯屋があって
午前中に渡しておけば、夜には出来上がっている。
下着とかはもっぱら部屋で洗濯派だけれども
狭いし、空気も循環してないから乾かないと判断。
ここは下着もまとめて引き取って
洗濯してもらえるのでとても助かる。

つづく

(1つ前の記事はこちら

コメント

このブログの人気の投稿

_trip 墾丁/電動バイク半島先っちょツーリング 恆春→鵝鑾鼻('16年4月台湾旅)

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_trip 香港→マカオターボジェットの戦い('13年11月マカオ香港旅)