_diary 1年半お世話になった教科書

教科書2冊目終了。
このすべてが頭に入ってるかと訊かれたら…
NO! でございます。あーあーあー。
この次は結局このシリーズの3冊目に行くことに。
(中国でも教科書を手に入れるのは難しいらしい。)
ついに書面から日本語が消えます。ついてけるのか?


手製のブックカバーもボロボロ。

コメント

  1. hirocalです。中国語勉強されているんですね。僕は中国語の教科書を使ってきちんと勉強したことはありませんが、文法の超基礎的なことだけ台湾人の先生に週一で数ヶ月習い、そのあとの教材は台湾ドラマのDVDでした。しゃべる中国語と全く同じ字幕が出てくるので、ただドラマを楽しんでいるだけで語学教材と同等かそれ以上の知識が得られました(何しろ面白いドラマを見てればいいわけで、普通の勉強時間とは比べ物にならない長さ・笑)。覚えた知識を使って作文して老師に直してもらったり、やはり教科書なしで自分の言いたいことを言って会話にトライしたりしていました。なんだかんだ1年数ヶ月やったあたりで「流星花園」と出会い、VCDを買って2回連続で集中的に鑑賞。3度目を見始めた頃に突然、道明寺ほかが劇中で使うような中国語表現が自分の口から自然に次から次へと出てきて、唖然とした瞬間を覚えています。その日を境に中国語だけを使った外国人との付き合いができるようになり、ますますドラマ鑑賞やら台湾旅行やらにはまってしまいました。

    ある程度の基礎がわかっている場合は、中文字幕付きの作品をどんどん楽しむことで一気に世界が変わる可能性が高いと思います。がんばってください!

    返信削除
  2. >hirocalさん
    たっぷりしたコメントありがとうございます^^
    確かにドラマを字幕で見るというのは
    いい中国語学習になると聞いたことがあります。
    実際に成功例を伺うとぜひやってみようと思いますね。
    私はものすごいスローペースでだらだらとやってるので
    なかなか上達しないというのもあります。
    貴重なご意見、ありがとうございます。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

_trip 定做了ワンピース前編('15年1月上海旅)

_event 言承旭(ジェリー・イェン)握手会の覚え書き

_trip 台南/台南の宿のこと